絹縮帯揚げ

絹縮

縮緬とは経糸に撚りのない生糸、緯糸に右撚りと左撚りの強撚糸を交互に織り込んだものをいいます。

「絹縮」は緯糸に片撚りの強撚糸を用いて織り上げ、
縦の方向に柳の葉のような不規則な形のしぼが現れることから「楊柳」ともよばれています。

さらりとした肌ざわり

主に帯揚げや腰紐に用いられ、さらりとした肌ざわりで
長襦袢などにも用いられます。
単衣の時期にご使用いただけます。